ホーム > おもしろ > 保育士さんは本当に一生懸命な先生たちが多いんです

保育士さんは本当に一生懸命な先生たちが多いんです

保育士さんは本当に一生懸命な先生たちが多いんですよ。

うちの子供が保育園に入園したときは、ちょうど1さいだったので後追い、人見知りがとても強い時期で慣れるまでしばらく時間がかかり、3か月以上毎日いやだいやだと泣き喚く日々でした。

担任の先生はベテランの先生で安心感があり、預けるときは気持ちも切り替え先生に託しました。

次第になきわめく頻度が徐々に減っていき、初めはおやつも緊張で手を付けられずにいたのが、日に日に食べれ、給食を食べるようにもなり、連絡帳のコメント欄をみて安心感が大きくなっていき、嬉しい成長でした。

まわりも1歳で育休がおわり預け始める家庭も多く、同じ境遇を朝に経験し、お別れ儀式がさみしいと語るお母さんもいました。

保育士さんは、子供の気持ちをうまく察し、気分がきりかわるように遊びを提案してくれたり、おんぶをして外に出てくれたり、本当に一生懸命な先生たちが多く、雰囲気も良かったです。

いっせいに見ているので、何人かが泣き叫んだり、喧嘩になると仲裁にはいったりと休まる様子はない仕事で大変そうという感じも受けました。

保育士 求人 正社員を探すなら